害虫駆除・予防効果|ストロングハートプラスでフィラリア治療と予防を同時におこなおう

害虫駆除・予防効果

たくさんの薬

ストロングハートプラスはフィラリア症の治療に役立つ犬の薬です。
犬を飼っている人であれば、必ず用意しておきたい医薬品のひとつでしょう。
しかし、そもそもフィラリア症が何なのかを知らない人がいるかもしれませんので説明しておきましょう。

フィラリア症とは、寄生虫であるフィラリアによって引き起こされる病気です。
蚊の体内に寄生したフィラリアの幼虫は、蚊が犬から血を吸おうと接触した際に寄生先を犬の体内に変えるのです。
このとき、フィラリアの幼虫が寄生する場所が問題で、主に心臓部や肺動脈など、重要な血管内に寄生してしまいます。
フィラリアの成虫は体長約30cmにもなる糸状の体をしており、人間の目でも確認できるほどの大きさです。
犬の血管内でこの状態にまで成長されると、当然血管は詰まり、血流に悪影響を及ぼしてしまいます。
これによって重い症状が出てしまったり、場合によっては命を落としてしまうのです。

フィラリア症には初期症状があり、過度な咳や呼吸困難などが挙げられます。
しかし、これらの初期症状が出るということは、体内でフィラリアがある程度育ってしまっているということなので、かなり危険な状態にまで悪化している可能性もあります。
そこで、いつでも迅速に治療ができるよう、フィラリア治療薬であるストロングハートプラスを事前に用意しておくべきなのです。
高い駆除効果を持っていることから、投与してから1~2日で完全に駆除してくれますよ。
また、蚊を媒体として寄生してくるフィラリアを防ぐのは困難ですが、ストロングハートプラスには予防効果も含まれています。
ただし、ストロングハートプラスの予防効果は持続期間が1ヶ月ですので、毎月定期的に投与してあげましょう。